Home > トップページ > アジア特許の調査(無料データベースの紹介)

アジア特許

以前は、アジア特許は、言語の問題で自分で調べることは非常に困難でした。
私自身、特許事務所にいた12年間は、どうしても現地代理人にお願いするしかないのがほとんどでした。

各国ともデータベースの整理が進んでおり、だいぶ英語で検索できるようなことが増えてきているようです。

以下、アジアの無料データベースを紹介いたします。本ページも随時更新していく予定です。
何かありましたら、遠慮なく弊所までご連絡下さい。

注意:
・データベースの仕様が更新した場合、URLが変更になった場合等、極力修正していくつもりですが、全てを保障するものではありませんのでご了承下さい。
・実際に触ってみて、気がついた範囲でコメントしておりますので、完全な解説でないことをご了承下さい。

アジアデータベース一覧

No. 対象国 データベース名
1 中国 CNIPR(英語), CNIPR(日本語)*現在、ID/パスワードの登録が必要になっておりますので、ご注意ください。
SIPO(英語)
2 香港 Patent Search
3 台湾 Taiwan Patent Search(英語)
4 韓国 KIPRIS(英語)
KPA(英語)
K2E-PAT(英語)
5 シンガポール IP2SG(英語)
6 フィリピン IPOPHL PATENT SEARCH(英語)
7 インドネシア e-Status*現在英語インターフェースが存在していませんのでご注意下さい。
8 タイ DIP(英語)
9 ベトナム IP LIB(英語)
10 マレーシア MyIPO(英語)
11 カンボジア 発見されず
12 ラオス 発見されず

1. 中国

*現在、ID/パスワードの登録が必要になっておりますので、ご注意ください。

1-1. CNIPR

1-1-1. ログイン
日本語サイトにアクセスするとユーザ名が”guest”でログインができるようです。
尚、英語サイトにはIDが表示されません。

1-1-2. 入力
1-1-2-1. キーワード(名称、要約、クレーム、明細書)
技術用語の検索の入力文字に以下を利用してみました。
“mobile”→ヒット ”携帯”→ヒットせず ”移动”→ヒット

*英語で検索できるのはほんの一部、検索は中国語(簡体)で入力する必要あり。

1-1-2-2. 書誌事項(出願人)
“hitachi”→ヒットせず ”日立”→ヒット
(但し、”日立製作所“→ヒットせず ”日立制作所“→ヒット)
“IBM”→ヒット ”国际商业机器”→ヒット
(但し、”IBM”は、10件ヒット、”国际商业机器”は、11507件ヒット)

1-1-3. 出力
1-1-3-1. リスト出力
発明の名称(英語)、出願番号、出願日、出願人(中国語のみ)からなるリストが表示されます。
タイトルをクリックすると、該当の特許の書誌事項、及び、経過情報(中国語)が出力されます。

1-1-3-2. 公報出力
リスト中のタイトルをクリックすると要約と書誌事項が開き、上部にイメージファイル(tif)とテキストファイル(XML)とが開きます。

1-2. SIPO

1-2-1. 入力
1-2-1-1. キーワード入力
技術による検索は、名称と要約。
タイトルに以下を入力。
“mobile”→ヒット ”携帯”→ヒットせず ”移动”→ヒット
尚、英語と中国語とでは、ヒット件数にかなり差があり、実際に調査する際はキーワードがどちらも入力する必要があるように思われます。

1-2-1-1. 特許分類入力
IPCによる検索が可能。
“G06F”→ヒット ”G06F13″→ヒット ”G06F17/30″→ヒット

*数件の特許、上記出力結果からメイングループまでの検索が可能と思われます。

1-2-2. 出力
1-2-2-1. リスト出力
出願番号、発明の名称の一覧リストが出力されます。
尚、検索画面が英語インターフェースの場合は、発明の名称は英語で出力されます。

1-2-2-2. 書誌事項の出力
上述のリストの出願番号/発明の名称をクリックすると英文の書誌事項が出力されます。
審査経過公報出力なし。

Return to page top

2. 香港

2-1. 入力
2-1-1. キーワード/書誌事項入力(発明の名称、要約、出願人)
入力インターフェースには、”Simple Search”と”Advance Search”があります。
要約は”Short-term patent only”となっていることに注意が必要に思われます。
英語、中国語、漢字(日本語)での検索が可能であることが記載されています。
Ex. 出願人:”Hitachi”→ヒット、”日立”→ヒット

2-1-2. 特許分類入力
IPCの入力項目がありますが、サブクラス(例:G06F)までしか入力できないことに注意が必要です。

2-1-3. 絞り込み
検索タームを入力後、画面下の”Search”をクリックするとリストが出力されます。
その結果を絞り込むために、画面下の”Search on Search”をクリックすると、再び入力画面が表示され、さらに検索タームを加えると、前回の結果が絞り込まれます。
尚、最初からやりなおす場合は、画面左の”New Search”をクリックします。

2-2. 出力
2-2-1. リスト出力
検索ターム入力後、画面下の”Search (show basic details)”、又は、”Search (show main detail)”をクリックするリストが出力されます。
Show basic details:公報番号、発明の名称のみ
Show main detail: 出願人、権利状況等が追加されます。
尚、出力後、上のタブで切り換え可能です。

2-2-2. 公報出力
Show basic detailsの発明の名称をクリックで公報が出力されます。
Show main detailのリストの”Specification (s)”の”A”をクリックで公報が出力されます。

Return to page top

3. 台湾

3-1. 検索画面
検索画面としては、”Classification Search”と”Patent Search”とがあります。
また、検索ログを用いることができる、”Search History”があります。

3-2. 入力
3-2-1. “Patent Search”の種類
“Patent Search”には、”Quick Search”,”Boolean Search”, “Advanced Search”, “Field Search”とがあります。
以降、”Advanced Search”を用いた場合についてご紹介します。

3-2-2.キーワード入力(発明の名称、要約)
キーワード間の論理演算が可能です。
英語と中国語とを入力してみましたが、英語でしかヒットしませんでした。
Ex. “mobile”→ヒット、”手机”又は”手機”→ヒットせず。

3-2-3.特許分類入力(IPC)
IPCは、メイングループまで入力可能です。
Ex. H04M→ヒット、H04M-001→ヒット、H04M-001/247→入力

3-2-4.書誌事項入力(出願人)
出願人もキーワード入力と同様で、英語のみヒットします。
Ex. “Hitachi”→ヒット、”日立”→ヒットせず。

尚、台湾の出願人も英語入力となるようなので注意が必要です。
EX. ”洪彦維”→ヒットせず、”HONG YAN WEI”→ヒット
但し、単語単位に論理積する必要があります。)

3-3. 出力
3-3-1. リスト出力
リスト出力する項目は、”Field display for lists”の項目にチェックマークを入れて出力項目を選択することができます。

*代表図を選択することができ、かなり有効です。

3-3-2. 公報出力
リスト出力後、公開/登録のGazetteが出力可能です。同様に公開/登録公報の出力も可能です。

3-3-3. 書誌出力
リストの番号をクリックすると書誌事項が開きます。
尚、書誌事項の出願番号の横に”Espacenet”ボタンがあり、ここから欧州特許庁データベースに登録されたデータが出力されます。

Return to page top

4. 韓国

4-1. KIPRIS

4-1-1. ユーザインターフェース
ユーザインターフェースには、”Smart Search”と”Advanced Search”とがあります。

以降は、”Advance Search”を用いた場合について紹介します。

4-1-2. 入力
4-1-2-1. キーワード(名称、要約、クレース、全文)
「*」、「+」を用いた論理演算を用いることができる。また「”touch panel”」等の複合語の入力も可能です。
“Mobile”→ヒット ”휴대 전화”(携帯電話)→ヒット

4-1-2-2. 特許分類(IPC)
“G06F”→ヒット ”G06F13″→ヒット ”G06F3/041″→ヒット

4-1-2-3. 書誌事項(出願人)
“hitachi”→ヒット ”히타치”(日立)→ヒット

4-1-2-4. 書誌事項(その他)
チェックマークによるものだが、Statusによる絞り込みが可能。
EX.Rejected, Registered, Withdrawn

4-1-3. 出力
4-1-3-1. リスト出力
書誌事項が英語で出力されます。
リスト上部の”Excel”をクリックするとエクセル形式で書誌事項をダウンロードすることができます。

4-1-3-2. 公報出力
上述のリスト出力の発明名称をクリックすると当該特許の詳細な書誌事項出力されます。
上部の”Full-doc. of Unex. Pub.”(公開公報)、又は、”Full-doc. of Exam. Pub.”(登録公報)が出力されます。

4-1-3-3. その他の出力
“Registration”(登録原簿、韓国語のみ)、”Status History”(審査経過)を出力することができます。

4-2. KPA

4-2-1. ユーザインターフェース
ユーザインターフェースには、最初の画面で、”Smart Search”と”Advanced Search”とがありますが、1つのインターフェースのみが開くようです。

4-2-2. 入力
4-2-2-1. キーワード(名称、要約、クレース、全文)
「*」、「+」を用いた論理演算を用いることができる。また「”touch panel”」等の複合語の入力も可能です。

*注意:英語のみ。韓国語入力はサポートしていないようです。

4-2-2-2. 特許分類(IPC)
“G06F”→ヒット ”G06F13″→ヒット ”G06F3/041″→ヒット

4-2-2-3. 書誌事項(出願人)
キーワード入力と同様で、英語のみ。韓国語入力はサーポートしていないようです。

4-2-3. 出力
4-2-3-1. リスト出力
書誌事項が英語で出力されます。
リスト上部の”Excel”をクリックするとエクセル形式で書誌事項をダウンロードすることができます。

4-2-3-2. 公報出力
上述のリスト出力の発明名称をクリックすると当該特許の詳細な書誌事項出力されます。
さらに、上部の”KOR”をクリックすると韓国語公報が出力されます。
尚、”K2E”(英文公報)のボタンがありますが、有料のようです。

4-2-3-3. その他の出力
発明の名称をクリックすると”legal status”(審査経過)が出力されます。

4-3. K2E-PAT

4-3-1. ユーザインターフェース
ユーザインターフェースには、最初の画面で、”Smart Search”と”Advanced Search”とがありますが、1つのインターフェースのみが開くようです。

4-3-2. 入力
4-3-2-1. キーワード(名称、要約、クレース、全文)
「*」、「+」を用いた論理演算を用いることができる。また「”touch panel”」等の複合語の入力も可能です。

“Mobile”→ヒット ”휴대 전화”(携帯電話)→ヒット

4-3-2-2. 特許分類(IPC)
“G06F”→ヒット ”G06F13″→ヒット ”G06F3/041″→ヒット

4-3-2-3. 書誌事項(出願人)
“hitachi”→ヒット ”히타치”(日立)→ヒット

4-3-2-4. 書誌事項(その他)
チェックマークによるものだが、Statusによる絞り込みが可能。
EX.Rejected, Registered, Withdrawn

4-3-3. 出力
4-3-3-1. リスト出力
書誌事項が英語で出力されます。
リスト上部の”Excel”をクリックするとエクセル形式で書誌事項(韓国語)をダウンロードすることができます。

4-3-3-2. 公報出力等
リスト以上の情報は有料のようです。
上述のリスト出力の発明名称をクリックすると料金が表示されます。

Return to page top

5. シンガポール

5-1. ユーザーインターフェース
“Fast Search”、”Simple Search”、”Boolean Search”の三種類のユーザインターフェースがあります。
“Boolean Search”では、IPCとTITLEとで論理演算できるようになっていますが、キーワードでの調査は、TITLEのみでした。
以降、”Simple Search”内のSearch Typeの”Patent Abstract & Specification”についてご紹介します。

注意:必ずキーワードの入力が必要になります。出願人、IPCのみの検索ができないようなのでご注意ください。

5-2. 入力
5-2-1. キーワード/書誌事項
要約、又は、要約+全文での検索が可能です。”Stemming”の機能がございます。
出願日・公開日、出願人・発明者、IPC等の検索に加えて、リーガルステータスによる絞り込みも可能です。

注意:ある検索終了後、同じ画面上に検索タームを追加(絞り込み)して検索すると結果が変わらない場合があるようです。
その場合、”Search”ボタンの横に”Clear”ボタンがあり、検索終了後”Clear”ボタンで全てをクリアにした後に再度入力する必要があるようです。


5-2-2. 特許分類入力
“H04″、”H04W”、”H04W 36″、”H04W 36/04″でヒットしました。

注意:サブクラスの後ろにスペースが必要なようです。但し、一部スペースがないものもございました。IPCの入力では論理演算はできないようなので、念のためスペースを入れたケースと入れないケースとでの確認が必要です。

5-3. 出力
5-3-1. リスト出力
“Sort Order”で種々の項目で出力順が選択できます。”Optional Fields”で追加の出力項目が選択できます。

5-3-2. 公報出力等
上記でリスト出力した後、”Application No.”をクリックすると
より詳細な書誌事項、審査経過が閲覧でき、明細書も項目(abstract, claim, drawing等)毎に閲覧可能です。

Return to page top

6. フィリピン

6-1. 入力
6-1-1. キーワード/書誌事項(発明の名称、要約、出願人)
発明の名称、要約、出願人での検索が可能です。
また、”and”、”or”による論理演算ができるようです。
尚、出願人が”OWNER”となっております。

6-1-2. 特許分類入力
メイングループまで入力しないとヒットしないようです。
G06F3/041は、G.06.F.041と、”.”を入力する必要があります。
メイングループ以下を検索する場合、G.06.F.3*と、”*”を入力するようです。

6-2. 出力
6-2-1. リスト出力
書誌事項のリストが出力されます。
当該書誌事項には、要約、ステータスが含まれます。

6-2-2. 公報出力等
上記でリスト出力した後、各リストの項目の下に、以下のリンクが表示され、クリックすると公報の該当箇所が開きます。
BD – Bibliographic Data:公報フロントページ
AB – Abstract:要約文
CL – Claims:クレーム
DE – Description:明細書
DR – Drawing:図面

Return to page top

7. インドネシア

作成中(しばらくお待ち下さい。)

8. タイ

8-1. ユーザーインターフェース
“Simple Search”、”IPC/IDC Code Search”、”Patent No. Search”、”Complex Search”の四種類のユーザインターフェースがあります。
種々のデータベースの横断検索ができ、WIPO、EPO、USPTO等を選択することができます。
以降、”Complex Search”で、DIP(THAILAND-TH)、DIP(THAILAND-EN)

8-2. 入力
8-2-1. キーワード/書誌事項(発明の名称、要約、出願人)
発明の名称、要約、出願人での検索が可能です。
但し、英文の入力ではほとんどヒットしません。
EX.携帯電話の英語”mobile”では、DIP(THAILAND-TH)、DIP(THAILAND-EN)それぞれ0件となり、
携帯電話をタイ語”มือถือ”入力すると、DIP(THAILAND-TH)が136件、DIP(THAILAND-EN)が0件となります。

8-2-2. 特許分類入力
“H04″、”H04Q”、”H04Q7″、”H04Q7/38″でヒットしました。

G06Fと入力すると、DIP(THAILAND-TH)が1977件、DIP(THAILAND-EN)が96件となりました。

8-2-3. 論理演算、キーワードの部分一致
入力部分の下に”Add Codition”ボタンが有り、”Join Operator”項目で”AND”や”OR”で論理演算ができます。
“String Comparison”で部分一致、前方一致、後方一致等が選択可能です。

8-3. 出力
8-3-1. リスト出力
検索画面の下に”Display”と記載された下にリスト出力の項目が選択できます。

さらに下部分にDIP(TH)と、DIP(EN)タブが表示され、書誌事項がタイ語=DIP(TH)、書誌事項が英語=DIP(EN)のいずれかを選択することができます。

8-3-2. 公報出力等
上記リストの出願番号をクリックすると書誌事項らしき表示が現れますが、DIP(TH)と、DIP(EN)ともにタイ語となっています。

“Download”と記載された箇所があり、クリックすると公報のフロント頁がダウンロードできます。
また、”Read File”をクリックすると要約文がダウンロードできます。

8-4. タイ特許調査の注意点
英文アブストラクト等がなく、Google翻訳等を用いて判断するしかなく、現状詳細な調査は厳しいように思われます。

Return to page top

9. ベトナム

9-1. 入力
9-1-1. キーワード(発明の名称、要約)
英語インターフェースでいくつか単語を入力してみましたがヒットしませんでした。
ベトナム語で入力したところヒットします。

*ワイルドカード”*”を単語(特許分類を含む)入力すると前方一致、後方一致で検索できます。

9-1-2. 書誌事項(出願人、発明者)
海外からの出願人は、英語になっているようです。
例:HITACHI、TOYOTA、SONY、APPLE、ではいずれもヒットしました。

9-1-3. 特許分類入力
“H04*″、”H04Q*”、”H04Q7*”、”H04Q7/38″でヒットしました。

9-2. 出力
9-2-1. リスト出力
発明の名称の一覧が出力されますが、ベトナム語のみでした。

9-2-2. 書誌事項出力
上述の発明をクリックすると書誌事項が出力されますが、「発明の名称」、「要約」はベトナム語のみでした。

9-2-3. 公報出力等
上述の書誌事項を表示すると、
“Bibliographic”, “Description”, “Claim”, “Drawings”, “Legal status”がありますが、
“Drawings”(一部)と”Legal status”のみが開きました。尚、”Legal status”は英語で出力されます。

Return to page top

10. マレーシア

10-1. ユーザーインターフェース
“General Search”、”Advance Search”、”Special Search”の三種類のユーザインターフェースがあります。
尚、”Special Search”は、ファジー推論、語尾変化対応等、特殊な検索できるようです。
以降、”Advance Search”についてご紹介します。

10-2. 入力
10-2-1. キーワード/書誌事項(発明の名称、要約、出願人)
英語、マレー語、いずれも入力可能です。

*要約(abstract)に英語及びマレー語で携帯電話と入力してみました。”mobile phone”では、100件強だったのに対し、”telefon bimbit”では1件しかヒットしませんでした。

*文字を入力すると前方一致の文字列の候補と件数が出力されます。

10-2-2. 特許分類入力
“H04*″、”H04Q*”、”H04Q 7/*”、”H04Q 7/38″でヒットしました。

*ワイルドカードの”*”を入力する必要があります。
*サブクラスとメイングループとの間にはスペースが必要なようです。

10-3. 出力
10-3-1. リスト出力
リーガルステータスを含んだ書誌事項のリストが出力されます。

*”Relevancy”の項目があり、関連度が表示されます。

10-3-2. 書誌事項出力
上記リスト中の発明の名称をクリックすると公報フロント頁相当の書誌事項が開きます。

尚、公報出力は有料となるようです。
(ダウンロードできると”Download”ボタンが表示されるようですが、数件確認したところ1件も表示されませんでした。)

Return to page top

Home > トップページ > アジア特許の調査(無料データベースの紹介)

Return to page top